オープン教育システム

オープンエデュケーションシステム

のびのびと、自発的な活動を通じて子どもだちの意欲を伸ばします

判断力、自主性、責任感、発言力、創造力、決断力

建学の精神にもとづくオープンエデュケーションシステムとは

オープンエデュケーションシステムは、今から数十年前イギリスに始まり、アメリカでも、幼稚園からハイスクールまで、さかんに行われている人間性重視の教育方式です。

これまでの閉鎖的で安易になりがちだった画一的ば一斉保育に代わって、開放されたクラスルームに各種の教育意図をもつ教材、教具を備えた数多くのコーナーを設け、子どもの関心と興味をもとに自発的に選んだコーナーで満足するまで学習できるこの方式は、総合教育上たいへん大きな成果をあげています。

またオープン・システムは、いわゆる"自由遊び"と違い、ルールの尊重、かたよりのない学習、指導者の助言・観察、段階別プログラムにより、一人ひとりに適した教育を行っております。
本園では、アメリカでの現地研修をもとに、調査・検討を重ね昭和52年4月から実施しています。

当初は、わが国でのこの方式を採用している幼稚園は全国で数か所でしたが、人間尊重にもとづく教育方式として、また幼児の知的発達、性格形成を助ける効果の面からも幼児教育の分野で評価を受けています。また、今求められている教育に即した教育方式で、次第に各地で実施され大きな成果をあげています。

ページ上部へ